島好き必見!奄美の企業が東京、大阪に上陸。「島でジョブセンバ2019」9/8、10/14開催

Share

フリーランスが働きやすいまちづくりや、移住者の受け入れで注目を集めている鹿児島県奄美市。そんな奄美への移住を考えている人に向けた職業支援イベント「島でジョブセンバ2019」が9月8日に東京、10月14日に大阪で開催されます。現地企業と、島の料理や焼酎を味わいながらフランクに交流できるチャンスです!奄美や島の暮らしに興味のある人は、ぜひ足を運んでみてください。

「ジョブセンバ」とは、英語の「JOB」と奄美の方言「~せんば(~しないといけない)」を掛け合わせた造語です。働き手が欲しい企業と、奄美での職を探している移住希望者のマッチングイベントとして、2017年から開催されています。
ホームページ→https://shimajob.amamin.jp/

主催は、奄美大島の地域情報サイト「しーまブログ」や、奄美群島に特化した求人サイト「JOBSENBA」などを運営している株式会社しーま(鹿児島県奄美市)。同社によると、日々、島内の情報を発信している中で、「働き手が少なく、企業側が欲しい人材がなかなか集まらない」という課題に直面していたといいます。

一方で、全国的な地方創生や地方回帰の流れの中で、今までとは違った働き方や暮らし方、生き方を求めるUIターン希望者が増加しています。そうした背景から仕掛けたのが、この「ジョブセンバ」です。

2018年の開催時の様子。多くの人が集まった。

当日は、奄美から企業を招き(10社予定)、各社が業務内容や求める人材像を紹介します。現時点で、ソフトウェア開発の有限会社アイ・タイムズや、コンテンツマーケティング支援のサムライト株式会社、沖永良部徳洲会病院、株式会社ティダの参加が決定しています。ほかにも、多くの企業が参加を検討中です。

いわゆる「企業説明会」のような形式ではなく、求職者が足を運びやすく、また率直に意見交換できるような演出に力を入れているのが大きな特徴です。仕事のほかに、不動産など暮らしに関わる情報も提供。また、奄美の島料理やドリンクなども用意し、来場者は自由に飲食しながら、企業の話を聞くことができます。最後は懇親会も。島酒奄美黒糖焼酎を片手に、企業と求職者が気軽に交流できます。

企業ブースでは、企業担当者と直接会話できる(2018年開催時)。

「島暮らしに興味があるけど、なかなか一歩を踏み出せない」
「そろそろ島に帰りたいけど、仕事があるか不安で決断できない」
「今まで培ってきた力を島で試したい」

そんな人は、ぜひ足を運んでみてください。素敵な出会いが待っているかもしれません!

【イベント概要】
①島でジョブセンバ2019in東京
開催日: 9月8日(日)
時間: 15:00〜19:00
開催場所: いいオフィス上野
東京都台東区小島2-20-11(https://ii-office.jp/ueno-by-lig/
参加費: 2,000円(飲食代込)

②島でジョブセンバ2019in大阪
開催日: 10月14日(月・祝)
時間: 14:00〜18:00
開催場所: 奄美島料理 てぃだ
大阪市北区天神橋5丁目5-32 川合ビル2階(http://amami-tida.com/
参加費: 2,000円(飲食代込)

参加希望者は、下記URL内の参加応募フォームから申し込みください。
https://shimajob.amamin.jp/e738469.html

【問い合わせ・申し込み】
株式会社しーま
鹿児島県奄美市名瀬佐大熊町11-11
TEL 0997-69-4681 FAX 0997-69-4682
MAIL: info@shi-mas.jp
担当: 豊山(とよやま)

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply