年間200人超が移住する五島列島、4月16日から都内でUIターン相談会を開催!XR活用した体験イベントも

Share

移住者が2年連続で200人を超えている五島列島。長崎県五島市は4月16日~18日の3日間、東京にある日本橋長崎館でUIターン相談会を開催します。また、XRを活用した体験イベントも同時開催。五島列島への移住や島暮らしを検討している人は、ぜひ参加してみてください!申し込みは先着順で、4月11日までです。

上空から見た五島市(一部)

美しい自然景観とともに、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産をもつなど文化・歴史的資産も豊富な五島市。人口約36,000人のこの町には、2016年~2020年の5年間に784人が移住しています。

そうした中、4月16日から3日間にわたって都内でUIターン相談会が開催されることになりました。当日の相談は、市の移住支援員2人が参加者1組の相談を受ける個別形式で行われます(時間などの詳細は下記をご覧ください)

またこの期間は、NTTドコモ九州支社の協力のもと、XRを活用した観光案内や移住下見体験も同時開催されます。XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)など先端技術の総称のこと。具体的には、「360°映像のライブ配信」と「3Dアバターによる遠隔コミュニケーション」が行われます。

「360°映像のライブ配信」では、五島市福江島からライブ配信を行い、移住支援員に島を案内されているような臨場感を楽しめるそう。一方、「3Dアバターによる遠隔コミュニケーション」では、仮想空間上で3Dアバターが市の観光スポットやお土産などを紹介するそうです。

移住相談員は今回のイベントに向けて、「『とにかく情報収集中』『島に移住したいけど、どの島にするか迷っている』『五島に帰りたい。島の現状が知りたい』『五島市への移住を検討中』など、ライトな相談も真剣な相談もOK。この機会にぜひご参加ください」と話しています。

五島市は島ながらも、病院や診療所、歯科診療所が計60か所、大型スーパーやドラッグストア、ホームセンターのほか、コンビニも複数箇所あります。保育園や幼稚園、認定こども園も22か所あり、待機児童はゼロ。若者やファミリー層にも人気の地域となっています。

美しい砂浜が人気の高浜海水浴場

<イベント概要>
■日時
2021年4月16日(金)~4月18日(日)
①10時~10時30分    ②11時~11時30分
③12時~12時30分    ④13時~13時30分
⑤14時~14時30分    ⑥15時~15時30分
⑦16時~16時30分    ⑧17時~17時30分

■場所
日本橋長崎館(東京都中央区日本橋2丁目1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1階)
https://www.nagasakikan.jp/index.html

■アクセス
東京メトロ 「日本橋」駅 B7出口徒歩1分、東京メトロ「三越前」駅 B5出口徒歩3分、JR「東京」駅 八重洲北口徒歩5分

■予約受付期間 2021年3月22日(月)~4月11日(日) ※先着順

■予約方法 下記アドレスにアクセスし、必要事項を記入のうえ送信。
https://www.city.goto.nagasaki.jp/form/002/024.html

XRを活用した体験イベントのスケジュールや参加方法などは、下記サイトをご覧ください。
▼五島市移住支援サイト「五島やけんよか」
https://www.city.goto.nagasaki.jp/iju/index.html

<問い合せ先>​
五島市UIターン相談窓口(五島市 地域振興部 地域協働課 移住定住促進班)
電話:0959-76-3070(直通)
Mail:ui-turn@city.goto.nagasaki.jp

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply