Ruby合宿2020春in島根 4泊5日でゲーム開発、学生など参加者募集!

Share

島根県は、大学や高専、専門学校、高校などに通う学生を対象に、プログラミング言語「Ruby」を使ってチームでプログラミングを体験する4泊5日の合宿を、2020年3月2日~6日に開催します。応募受付は同年1月14日まで。「Ruby」の勉強や技術習得に興味のある人は、ぜひ参加してみてはどうでしょうか。

合宿では「Ruby」を使用し、サンプルプログラムを参考に、数名のチームで横スクロールシューティングゲームを作成します。また、Ruby開発者のまつもとゆきひろさんの講演会や、島根県内のIT企業の視察、交流会も行われます。

参加者の対象は、学生・生徒のほか、25歳未満(2019年4月1日時点)の求職者。かつ、チーム開発に興味のある人、将来はソフト系IT産業で働きたいと考えている人です(応募多数の場合は島根県在住または、島根県出身の人を優先)。参加者には、2020年2月15日に松江オープンソースラボ(同県松江市)で、Git入門、サンプルプログラムを使用したプログラム作成のポイントについて事前講義を行います。

夏合宿の様子

<概要>
1.募集期間
2019年11月5日~2020年1月14日

2.開催日時
2020年3月2日(14:00)~6日(16:30)

3.会場
島根県立青少年の家 サン・レイク(出雲市小境町1991-2)
※初日の集合場所は、松江オープンソースラボ(松江市朝日町478-18 松江テルサ別館2階)

4.参加費
7,000円 (宿泊費、食費、傷害保険料など)

5.参加人数
30人程度

6.公式サイト
https://www.rubycamp.jp/

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply