好きな場所で、好きなときに働く。LIFULLが全国の遊休施設使った定額利用・宿泊サービス

Share

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」などの住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル、本社:東京)が、個人・法人を対象にした遊休施設の使用・宿泊に関する定額サービスを8月1日から始めます。フリーランスの人たちが働いたり、企業がサテライトオフィスや社員研修施設として活用することを想定しており、現在会員メンバーを募集しています。

このサービスで同社が打ち出すキーワードは、「LivingAnywhere Commons(LAC)」。自宅やオフィスなど、場所に縛られないライフスタイルを実践することを目的とした、共同運営型コミュニティを指します。

LIFULLは、2017年9月から地方自治体が募集する空き家・空き地と、それらの利活用を希望するユーザーをマッチングする情報プラットフォーム「LIFULL HOME’S空き家バンク」を提供しています。今回は、全国の遊休施設をLACの拠点という新たな用途として活用していく考えです。

会員(コミュニティメンバー)になると、全国の拠点=LACを好きなときに利用することができます。会員メンバーは個人、法人を問わず、フリーランスのほか、大手や中小、スタートアップ企業が働き方改革の一環で活用したり、サテライトオフィスや社員研修施設として利用することなどを想定しています。

会員は、1ID(※1) につき月額2.5万円で全国の拠点を使用・宿泊し放題となります。フリーランス(個人)は1IDから、法人会員は2IDから登録可能。また、ビジターでの利用も受け付けており、1日~1週間の短期間でも利用可能です。

(※1)ID数は拠点を利用できる人数。同一法人内であれば、IDのシェアが可能。

業種・業界を問わず様々な個人・企業が集まることで、互いの交流やそこから共創が生まれることを期待しています。また、全国の各拠点で地域の事情に精通したコミュニティマネジャーを採用。そのマネジャーを介して、行政や地元企業などとの交流を促進することも考えているそうです。会員が順調に増えれば、2023年までに100拠点の展開を目指す構想もあるとしています。

▼利用プランの詳細
<個人メンバー>
25,000円/月(初期費用:20,000円)

<法人メンバー>
・2ID:50,000円/月 (初期費用:80,000円)
・4ID:100,000円/月(初期費用:60,000円)
・10ID:250,000円/月(初期費用:無料)

<ビジター>
1日:6,000円
1週間:35,000円

▼拠点の紹介(一部)
【LivingAnywhere Commons 会津磐梯】
・住所:福島県磐梯町七ツ森センター(ペンションエリア)
・施設概要:最⼤利⽤可能⼈数35名(宿泊所⼀体)
・設備:Wi-Fi完備、コンセント配置、会議スペース、駐⾞場、グラウンド、地下室

【LivingAnywhere Commons 伊⾖下⽥】
・住所:静岡県下⽥市⼀丁⽬6-18(NanZ VILLAGE)
・施設概要:最⼤利⽤可能⼈数80名(宿泊所近隣)
・設備:Wi-Fi完備、コンセント配置、会議スペース、飲食店併設

▼企業会員・協力団体(順不同)
<企業会員>
株式会社東急エージェンシー
ランサーズ株式会社
キャップクラウド株式会社
株式会社CEspace
GCストーリー株式会社
株式会社ハピキラFACTORY
株式会社アフロ&コー

<協力団体>
福島県耶麻郡磐梯町
株式会社VILLAGE INC
株式会社Eyes, JAPAN
日本ペイントホールディングス株式会社
WOTA株式会社

▼「LivingAnywhere」について
「自分らしくを、もっと自由に」をテーマに、様々なテクノロジーによって水、電気、食料、通信、医療、教育、仕事など、人にとって必要不可欠なものが地球上どこにいても手に入る世界へアップデートし、ライフラインの限界から解放された本当の意味での自由な生き方の実現を目指すプロジェクト。一般社団法人Living Anywhereが推進しています。

▼申し込み・問い合わせ先
ホームページ:https://livinganywherecommons.com/
株式会社LIFULL LivingAnywhere Commons事務局
メール:lacommons@LIFULL.com

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply