アクセンチュア、「イノベーションセンター福島」を移転。先端デジタル技術の実証フィールドに

Share

世界的な総合コンサルティング企業のアクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史)は4月22日、福島県会津若松市に展開している「アクセンチュア・イノベーションセンター福島」を、市内に同日オープンしたICTオフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」に移転し、先端テクノロジーを国内外に発信する拠点を拡張しました。

掘りごたつや囲炉裏をデザインに取り入れたオフィス

首都圏の拠点からの一部機能の移転や、データサイエンティストやシステムエンジニアをはじめとする技術者の配置を進めるほか、地元教育機関の卒業生やUIターン人材の採用を強化。計250人超の体制を整備するとしています。

アクセンチュアは2011年8月、同市内に「アクセンチュア・イノベーションセンター福島」を開設。市や会津大学とともに、産業振興と雇用創出を軸とした東日本大震災後の復興計画やまちづくり、地方創生戦略などについて、市の政策立案をサポートしてきました。

また、国内外の有力企業や地元企業と協力し、デジタル技術を活用したスマートシティプラットフォームを構築。医療や教育、エネルギー、観光などの幅広い分野で市民生活の利便性向上につながるサービスを実現させてきました。例えば、市民向け地域情報プラットフォーム「会津若松+(プラス)」です。市民が提供する属性情報に合わせて、パーソナライズされた「10分圏内の生活情報」が手に入るサービスとして、市民の20%に利用されています。この仕組みは、2019年4月からは奈良県橿原市でも本格運用が始まっています。

地方の人材育成、若者定着へ

今回の移転・拡張を機に、引き続き同センターを先端デジタル技術の実証フィールドと位置づけ、人材の交流や育成、地域経済の活性化に向けた取り組みを推進する拠点として発展させていきます。また、これまで首都圏で行っていた基幹系システム開発やテスト事業などの一部の機能を同センターに移管します。リモートワークをはじめとする柔軟な働き方や先端テクノロジーの導入も進め、会津地域における優秀な人材、若者の定着に貢献していきたい考えです。

同時に、500人規模を収容できる「スマートシティAiCT」に入居する企業などとも協働しながら、AI(人工知能)、アナリティクス、IoT(モノのインターネット)といった先端技術を活用したサービスの実証実験を誘致・推進し、その成果を全国へ発信していくとしています。

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply