北海道ニセコでワーケーション!スキー場内のシェアオフィス、1カ月限定で無料開放

Share

日本有数のリゾートであるニセコを抱える北海道倶知安町の観光協会は、8月24日からシェアオフィスの試験的な運用を始めました。今年度から実施する「ワーケーションニセコ」事業の第1弾で、9月25日までの1カ月間運用し、ワーケーションなどのニーズを探ります。

ニセコはキッチンや洗濯機など生活設備が整ったコンドミニアムが300施設以上あり、滞在型旅行に適したエリアとして知られる。パウダースノーで世界的に有名なニセコエリアには、年間25.9万人の外国人が宿泊。外国人平均宿泊数は、冬期は平均2.3泊と北海道全体の1.28泊や日本全国の1.60泊と比較しても、長期で滞在する傾向にあります(2019年実績)

また、夏期も首都圏をはじめとする大都市圏から避暑を目的に長期滞在する人が多いのも特徴で、2019年度は平均53.3日滞在しているそうです。さらに、その9割以上がリピーターで、7割以上が5回以上もリピートしていることもわかっています。

このように、季節を問わず滞在型旅行を推進してきたニセコエリアとして、さらに多くの訪問者にリーチすることを目的に「ワーケーションニセコ」事業を開始。その第1弾として、今回のシェアオフィスの運用を始めることにしました。

シェアオフィスの場所は、人気スキー場内にあるレストラン「タンタ・アン」(北海道虻田郡倶知安町字山田209)で、平日の9:00~17:00まで開きます。料金は無料で、電源・Wi-Fi・コピー機が使用可能。自由に仕事できるオープンラウンジのほか、ミーティングスペースやリラックスできる空間も用意しているそうです。なお、当面は北海道の新型コロナウイルス対策に準じた運用となります。

また、ニセコエリアにはコンドミニアムなどが多いことから、そこに宿泊・滞在しながらチームで仕事することも可能といいます。

◇長期滞在にオススメの宿泊施設をまとめたパンフレット
https://d3m1hkbwjvtu0b.cloudfront.net/media/long-stay-brochure.pdf?mtime=20191231114326

◇YouTubeニセコサマーステイチャンネル「ワーケーションニセコ」事業について
https://youtu.be/nKVG_9u1QCk

◇問い合わせ
一般社団法人 倶知安観光協会
電話:0136-55-5372
メールアドレス:info@niseko.co.jp

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply