8割テレワークのポップインサイト、北海道紋別市にサテライトオフィスを開設!

Share

WEBサイトなどのユーザビリティに関するリサーチサービスを展開している株式会社ポップインサイト(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:池田朋弘)が、北海道紋別市に9月に試験的にサテライトオフィスを開設し、現在も運用を続けています。11月からは3カ月目に突入します。社員はリモートワークをしながら、市の自然や食を満喫、また市関係者や市民らとも交流。地元の雇用創出にもつなげたい考えです。

(写真)左:地元紙「北海民友新聞」の1面に掲載された/右:取材を受ける池田代表

雇用創出、地域の活性化へ

同社は、WEBサイトやアプリなどのユーザビリティを、専門家目線ではなくユーザ目線で評価する「ユーザテスト」を2012年に日本で初めて提供。また、2013年の創業直後から、役員を含むすべての社員に自宅またはコワーキングスペースなどでのリモートワークを推奨しており、北は北海道から南は四国まで、さらに海外在住の社員1名を含む計55名(役員、パート含む)のうち、約8割がリモートワークで勤務しています(2019年9月現在)。2018年11月には、総務省「テレワーク先駆者百選」に選定されました。

今回、紋別市にサテライトオフィスを開設したのは、雇用創出や地域の活性化を目指そうというのが理由です。星槎道都大学旧紋別キャンパスをオフィスとして使用、また「紋別市まちなか芸術館」のフリースペースも利用しています。

左:紋別市まちなか芸術館のフリースペース/右:サテライトオフィスのオープニングセレモニー

受け入れ側の紋別市にとっても、これまでは工場や小売店の誘致に軸足を置いていましたが、こうしたサテライトオフィスを開設するのは初の事例となります。

市としては、今回のサテライトオフィス開設を契機に他社の誘致も促進したい考えがあるほか、育児や介護と両立しながら働けるリモートワークの利点を市民にも周知することで、新たな雇用をつくるきっかけにしたい意向です。ポップインサイトは、今回の取り組みを広くPRしながら、紋別市におけるリモートワークの活発化を支援していく計画だといいます。

【会社概要】
設立:2013年1月
所在地:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-12-5-101
TEL:045-507-5539
事業内容:リモートユーザテストをはじめとするユーザリサーチサービスの開発・提供
URL:https://popinsight.jp/

【問い合わせ先】
広報担当 牧野
Email::makino.chiyo@popinsight.jp
電話 :070-5554-2129

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply