WEB面接ツール運営のブルーエージェンシーと宮崎県日南市が提携。移住から就職までをオンラインで完結へ

Share

WEB面接ツール「インタビューメーカー」を運営する株式会社ブルーエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役:前田裕人)と宮崎県日南市は、地方創生事業において連携提携を締結し、1月31日に協定締結式を実施しました。同ツールを用いることで、移住希望者や求職者と市内事業者をつなげ、移住促進や人材確保を目指します。

「インタビューメーカー」は、スマホやパソコンのカメラ機能を使い、面接を行う採用支援ツール。求職者は、時間や場所にとらわれることなく、いつでもどこでも採用面接を受けることができます。面接の録画機能もついているため、採用管理ツールとしても利用可能です。

現在、日南市では、少子高齢化や若者の流出などによる人口減少と、市内中小企業の人手不足が深刻化しています。その対策の1つとして、移住希望者の利便性が高い「インタビューメーカー」を導入することにしました。自治体への導入は初めての事例となります。日南市は、「インタビューメーカー」で移住希望者の相談・サポート体制の充実を図るとともに、移住希望者と市内企業をオンラインでつなぐことで、移住の促進及び市内企業の人材確保につなげることを目指します。

同時に、移住希望者や求職者と日南市をつなぐ情報サイト「移職住(いしょくじゅう)」(http://www.nichinan-uji.jp/ishokuju/)を立ち上げました。この情報メディアから、日南市に住む魅力や求人情報をチェックすることができます。

移住相談から職探しまで、WEB上で完結

移住に興味を持った利用者は、メディア上から移住相談窓口にアクセスが可能。オンライン上で日南市の移住コンシェルジュと面談でき、日南市を訪れる前に移住に関する相談・サポートを受けることができます。

また、現地での就職に関しても、「インタビューメーカー」を使うことでオンラインで面接が受けられ、移住前に東京など離れた場所から就職活動をすることができます。採用面接のために日南市へ何度も訪れる負担がなくなり、移住後の生活基盤を確保できる見通しが立てやすくなりそうです。

なお、2月16日・17日に日南市が東京・新宿で開催する移住相談会で、WEB就職相談を実施する予定です(インタビューメーカーで日南市内の企業と面談可能)

■WEB面接導入予定企業(敬称略)
・有限会社戸村精肉本店
・株式会社ニチワ
・吉田産業株式会社
・宮崎マルマン株式会社
・医療法人 愛鍼会山元病院
・南いちご農園
・株式会社ダーバン宮崎ソーイング
・デジタルゲイト株式会社
・株式会社オフィスコンシェルジュ

■日南市への移住者人数の実績 ※市の相談窓口利用後に移住した人の数字
H25年度 12世帯 30人
H26年度 26世帯 59人
H27年度 26世帯 67人
H28年度 39世帯 100人
H29年度 53世帯 129人
H30年度 24世帯 45人(11月末時点)

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply