<2/6開催>宮城県のIT事情を知ろう!自治体が一堂に会し、首都圏IT企業を呼び込みへ

Share

近年、人材確保や社員の働き方改革などを目的に、地方に拠点を置くなどする企業が増えています。そうした中、首都圏でソフトウェア開発などを行うIT企業を対象に、宮城県のIT事情や企業立地に際して受けられる制度などを知ってもらうためのイベント「MIYAGI×IT BUSINESS ADVANCE Seminar~首都圏のIT企業が宮城に事業進出する利点と価値~」が2月6日、東京・神田で開催されます(参加無料)

当日は、宮城県内の自治体担当者が一堂に会し、宮城県へ事業進出することの利点や可能性をPR。県内のIT事情に詳しい識者による講演もあります。人材確保や県内企業との協業などを目的に、県内に開発拠点、事業所の展開を検討している首都圏のIT企業にとって、現場の情報が得られる機会になりそうです。

【参加自治体】(2018年12月現在)
仙台市、石巻市、気仙沼市、名取市、栗原市、東松島市、大崎市、富谷市、川崎町、丸森町
※諸事情により変更となる可能性あり。

【会場】
神田カンファレンス・ルーム 貸し会議室
東京都千代田区神田錦町3丁目18-3 錦三(キンサン)ビル 4階
アクセス:http://www.seminar-room.net/access/

【タイムテーブル】
12:30  開場
13:00  開会
13:10〜 講演「宮城のIT業界事業と宮城の魅力」
 株式会社エスクルー 代表取締役社長 伊藤 正則 氏
 首都圏での業務経験を経て、宮城県にUターン後、IT企業を設立した講師を招き、首都圏と宮城県のIT業界の違いや、MISA・MISPAといった情報サービスに関わる団体の話なども含め、宮城のIT事情を詳しく説明する。

13:30〜 宮城県PRタイム・参加自治体PRタイム
 首都圏のIT企業にとって宮城県へ事業進出することで得られるメリットや、県で実施する奨励金制度などについて説明する。

15:15〜 マッチングタイムー情報交換会ー
 興味のある各自治体ブースで直接、情報交換を行える。

17:30  閉会

【申し込み・詳細】
https://miyagi-it-kigyou-20190206.peatix.com/

【主催】宮城県
【担当】経済商工観光部 新産業振興課 情報産業振興班
【運営】株式会社コー・ワークス 宮城県IT企業立地セミナー事務局

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply