都内から新幹線で1.5時間。愛知・豊橋市が首都圏の女性限定・移住体験ツアーを企画!

Share

愛知県豊橋市が、求人情報サイト「バイトル」を運営するディップ(東京)と組み、首都圏に住む女性を対象にした移住体験ツアーを11月29日(木)~30日(金)の1泊2日で開催します。同市までは東京から大阪から新幹線で約1時間半と利便性が高く、市は首都圏からの移住に最適な地域としてPRしています。

今回のツアーは、実際に豊橋市を訪れ、仕事や暮らしを肌で体験し、地域の魅力を存分に味わってもらうことを目的に企画。参加費は、4000円と破格の設定です。

タッグを組むディップは、2016年から移住を伴う就労意欲の高いユーザーと地方自治体とをマッチングさせるサービスを展開しており、2018年9月には求人情報サイト「バイトル」内で特設ページを開設し、移住体験ツアーの情報や各地域の魅力を発信しています。

豊橋市は、愛知県の南東部に位置し、太平洋に面した南部エリアにはサーフィンの名所である表浜海岸、北部には30分で登頂可能な「石巻山」や県指定の天然記念物に選ばれている「葦毛湿原(いもうしつげん)」など、自然が豊かなエリアが広がっています。

また、温暖な気候を生かしたミニトマトやスナップエンドウなどをはじめとした農業王国でもあります。さらに、国の重要文化財に指定されている「ハリストス正教会」をはじめ、歴史的建造物が街中に点在しており、江戸時代後期からつくられている伝統工芸品の「豊橋筆」も有名です。

新幹線の停車駅があるため、東京や大阪までは約1時間半と、東西ともに県外への利便性が高く、また市内では路面電車やバスを使うことで主要な施設へも簡単にアクセスができる、首都圏からの移住に最適な魅力のあるまちとなっているそうです。

◆移住体験ツアー「おいでん!豊橋住みよさ体験ツアー」詳細
1日目:
動物園・植物園・遊園地や自然史博物館が広大な敷地に揃う「のんほいパーク」での見学や動物たちへの餌やり、全国的に大人気のチョコレート菓子「ブラックサンダー」の豊橋夢工場で限定商品をチェック。さらに、国指定重要文化財をはじめとした文化財を多数所蔵するパワースポット「普門寺」の散策などを行います。

夕食では、地元で活躍する女性移住者や豊橋市の女性職員との懇親会で、豊橋市に住んでみた感想や実際の体験談などを直接聞くことができます。

2日目:
江戸時代後期からつくられている豊橋市の伝統工芸品「豊橋筆」づくり体験や、国内トップクラスの出荷量を誇るミニトマトの収穫体験などを予定しています。豊橋市の暮らしに関するセミナーも開催予定。

【開催概要】
<開催日時・場所>
移住体験ツアー(1泊2日) 11月29日(木)8:00品川駅集合~30日(金)20:03品川駅解散

<参加費>
旅行代金 1人4,000円

<申込方法>
特設ウェブサイトから申込み
https://www.baitoru.com/rr/25

<申込締切>
2018年11月6日(火)中

<持ち物>
動きやすい服装、汗拭き用タオル、筆記用具、メモ

<募集人数>
ツアー25名

※参加費には食事代(朝1回、昼2回、夕1回)、行程記載の交通費(行程記載の新幹線代金、貸切バス代金)、宿泊費、添乗員代金(1名同行)が含まれる。
※自宅⇔品川駅近辺までの交通費は自己負担。
※応募者多数の場合は抽選。
※ツアーの最少催行人数15名。
※雨天時にプログラムが変更となる場合がある。
※スケジュールは一部変更になる可能性がある。

■移住についての相談・問い合わせ先
豊橋市 企画部 未来創生戦略室
TEL 0532-51-2180(土日・祝祭日を除く8:30~17:15)
E-mail sosei@city.toyohashi.lg.jp

■本ツアーに関するご質問
ディップ株式会社 バイトル移住キャンペーン事務局
TEL 050-3850-5585
E-mail r2-info@dip-net.co.jp

About Author

https://shiftlocal.jp/

シフトローカル編集部。シフトローカルなメンバーが集まって構成している。

Leave A Reply